ウーマン

しばらく家を空けるならリロケーションを活用してみよう

空き家の利活用

部屋

自宅を空き家にする場合

海外や県外に転勤する場合には、自宅を空き家にして引っ越す場合がほとんどです。しかし、空き家のまま自宅を放置しておくと老朽化が早くなりますし、不審者が侵入する恐れもあります。防犯面などから考えても、定期的に点検管理することが大切になります。それができないのであれば、第三者に賃貸することが一番安心できる方法です。自宅を賃貸する場合には、自宅を片づけたり、戻った場合に泊まるところがないといった問題も生じますが、賃貸収入を得ることができるためメリットもあります。不動産会社が行っているリロケーションであれば、期間を限った借家をしてくれるため、再び自宅に戻る時期が分かっている場合には、そのタイミングで自宅に帰ることができます。

定期借家のメリット

リロケーションを行う場合には、通常の家賃よりも低い家賃で賃貸することになります。その代わり、定期借家になりますので、1年間や2年間といった一定期間でなければなりません。借家を希望する人の中には、機関が決まっている人もいるため、リロケーション物件を借りることによって通常より割安の価格で借りることができるのであれば、メリットと言えます。貸主としても、リロケーションであれば、一定期間経過後に自宅に戻れるので安心して賃貸することができますし、収入を住宅ローンなどに充てることもできます。双方の希望がマッチする物件を不動産会社が探してくれますので、リロケーションを行う場合には、経験豊富な不動産会社を選ぶことが大切です。

3つの条件を知っておこう

アパート

投資用マンションを保有して、安定した家賃収入を得ようと考えているのであれば、3つのポイントに気を付けましょう。この3つのポイントをしっかりと押さえておくだけで、不動産投資が成功する確率が格段に上昇します。

詳しく見る

経営戦略に必要なM&A

オフィス

企業買収には色々なケースがありますが、売却側にもメリットがあります。例えば従業員の雇用を確保できますし、不採算事業を売却することで更なる事業展開ができます。買収側のメリットとしてはシェアの拡大ができ、買収企業のノウハウや人材を傘下に収めることができます。このようなM&Aは経営戦略に必要な手段です。

詳しく見る

ニーズに合わせたサービス

男女

賃貸保証会社を利用する際には、月額家賃の10%から120%程度を初期費用として支払う必要があります。利用料が安い賃貸保証会社ほど、審査が厳し目に行われるので滞納率を低く抑える工夫がされています。自身の与信状況に合わせた賃貸保証会社を選んで利用すると良いでしょう。

詳しく見る