ニーズに合わせたサービス|しばらく家を空けるならリロケーションを活用してみよう
男性

しばらく家を空けるならリロケーションを活用してみよう

ニーズに合わせたサービス

男女

費用の安さと審査基準

不動産屋を訪れた時に賃貸物件を借りる条件として、賃貸保証会社への加入を促されるようになりました。実際に保証人が用意出来る場合であっても、賃貸保証会社を利用することが条件で部屋を借りられることも珍しくありません。本来は、核家族化が進んだために保証人を用意出来ない人が頼る賃貸保証会社ですが、アパート経営を行なう上でオーナーの中には保証人よりも賃貸保証会社を信用する人が出てきています。仲介する不動産屋により、利用出来る賃貸保証会社の種類が限られることがあります。家賃の10%を初回に納めれば良い会社もあれば、家賃の120%を初期費用として請求する所もあることに疑問を持つ人もいるでしょう。費用が安い会社ほど審査基準が厳しく、滞納率を低く維持しているために費用を安くしても経営が成り立っています。クレジットカードの申し込みとは異なり、何度も別の会社に申し込めるので、費用が安い賃貸保証会社から順に審査を受けてみると良いです。

自分に合ったサービス

賃貸物件を借りる際に、賃貸保証会社へ支払う費用のみを気にしてしまう人がいます。しかし、実際にはいざという時に家主に迷惑が掛からないようにするためのサービスですから、保証内容についてもよく確認してから申し込みを行なうと良いです。賃貸保証会社の中には、信販会社が行っているケースもあるので、普段利用しているクレジットカードと同じ会社で申し込みを行なうと、余計な心配をする必要が無くなります。賃貸保証会社が行なう立て替え払いには、家賃を一旦保証会社に振り込んでから、管理会社を経由してオーナーへ渡る方式を採用している場合には注意が必要です。なぜなら、オーナーへ渡る前に複数箇所を経由すると、その都度手数料が掛かるからです。シンプルに滞納があった時にのみ、立て替え払いをしてもらえる賃貸保証会社を選んでおけば、費用も安く済むでしょう。