3つの条件を知っておこう|しばらく家を空けるならリロケーションを活用してみよう
男性

しばらく家を空けるならリロケーションを活用してみよう

3つの条件を知っておこう

アパート

エリアに気を付けよう

投資用マンションを手に入れれば、安定した家賃収入を得ることができる、と考えている人は多いです。しかし、これには少し細かな条件が付きます。その条件とは3つあります。1つはエリアです。どのエリアにある投資用マンションを保有するかで稼働率が大きく異なります。3大経済圏の都市中心部の物件を保有するようにしましょう。このエリアであれば、個人の需要だけでなく、法人の需要も取り込むことができます。2つ目の条件は、投資用マンションの修繕状況です。築年数が同じ投資用マンションでも、管理がしっかりなされているかどうかで、全く異なる建物となります。大規模修繕工事や設備更新工事などをしっかりと行っているかどうか確認しましょう。

サービスを比べよう

そして3つ目の条件は、購入した投資用マンションを管理してくれる不動産会社の選別です。賃貸管理をしてくれる不動産会社のサービスはどこも同じと考えているのであれば、その認識を改めましょう。賃貸管理サービスは不動産会社によって異なります。そして、賃貸管理サービスの良し悪しで入居期間や空室になってから次の入居者が決まるまでの期間が異なってきます。投資用マンションを購入した際に、売主が依頼していた賃貸管理をしてくれる不動産会社とそのまま契約を続けている大家は少なくありません。必ず変えなければならないものではありませんが、その不動産会社がどのような賃貸管理サービスを行っているかをしっかりと把握し、必要であれば契約変更もしてみましょう。