経営戦略に必要なM&A|しばらく家を空けるならリロケーションを活用してみよう
男性

しばらく家を空けるならリロケーションを活用してみよう

経営戦略に必要なM&A

オフィス

事業の拡大に効果的な方法

企業買収には色々なケースが考えられますが、売却する方にとってもメリットがあります。例えば多角的な経営を行っている企業で不採算事業を抱えている場合です。このような企業には選択と集中が大切で、新たな事業活動を行う時に不採算事業を売却した方がいいのです。また企業買収をする企業にとっても、その不採算事業がビジネス拡大のチャンスになる場合があるのでメリットになります。このように企業買収には売り手と買い手の両者にメリットがあるわけです。中小企業の場合でも後継者がいない場合は廃業することになります。しかし廃業すると従業員が職を失うことになります。従業員の雇用を守るためには、企業買収という方法を選択した方がメリットがあるのです。

ノウハウと人材を獲得する

経営が順調な企業は、今よりもさらなる事業展開の拡大が必要になります。新規に事業所や工場などを作るとなると、それに要する資金が必要になります。そのような時に効果的なのが企業買収です。事業内容が目的に適っている企業なら、買収すれば既存の施設や工場などをそのまま利用できます。また業界内のシェアを伸ばしたい場合にも、企業買収は非常に有効な手段です。買収する企業の施設を利用できるだけでなく、ノウハウや優秀な人材を傘下に取り込むことができます。買収することによって顧客層も拡大できるのです。このように企業買収によって経営戦略を実現していくことをM&Aといいますが、事業拡大のための投資としては最も確実で効果があります。